岩本楼のご案内

岩本楼は江の島・弁天橋を渡ってすぐにある鎌倉時代からの由緒ある旅館です。自慢のお風呂をはじめ、
湘南地区ならではの地元で採れた活きの良い素材を使用したお料理も自慢です。江の島は神奈川・関東圏からも
アクセスが良く、レジャースポットとしても大人気です。 灯台が新しくなったり、江の島 岩屋(洞窟)、江島神社
それに新江ノ島水族館へも徒歩10〜15分とお子様からご年配まで幅の広く愛されています。
江の島でたっぷり遊んだ後は神奈川・湘南・江の島地区での老舗旅館”岩本楼”で是非おくつろぎ下さい。

館内のご紹介

部屋の写真 客室客室の写真1客室の写真2客室の写真3
宴会場 客室宴会場の写真3宴会場の写真2宴会場の写真1
資料館 資料館資料館の写真1資料館の写真2資料館の写真3
螺旋天井の写真 螺旋天井螺旋天井3螺旋天井の写真2螺旋天井の写真1
ステンドグラスの写真 ステンドグラスステンドグラスの写真1ステンドグラスの写真2ステンドグラスの写真3
ガーデンプールの写真 客室ガーデンプールの写真3ガーデンプールの写真2ガーデンプールの写真1
FREE SPOTのロゴ 無線LAN(むせんらん)使用可能
本館1階ロビーにおいてFREE SPOTを設置しております。IEEE802.11bまたはIEEE802.11g対応の無線LANが装備されたパソコンでインターネットに接続可能です。もちろん利用は無料です!出張先のご宿泊にも、
是非、岩本楼をご利用下さい。

岩本楼の歴史

明治時代の江の島の写真 鎌倉時代に端を発する由緒ある岩本院 時は鎌倉時代。青銅の鳥居をくぐり賑やかな通りの中程右手にあった「岩本坊」は、のちに「岩本院」となり、江の島・三宮の総別当職を務めました。この由緒ある院は、文久2年、「岩本院の稚児あがり、普段着なれし振袖から、髷も島田に由比ヶ浜」の台詞(せりふ)で有名な、河竹黙阿弥の「白浪五人男」の舞台として取り上げられました。ちなみに、歌舞伎の白浪五人男に登場する「弁天小僧」は、岩本院の稚児がモデルであるとも言われています。その他にも、芝居、講談、小説など、数々の名作に岩本院の名は取り上げられ、740年余りの長きにわたって広く世に語り継がれてきました。
創業当初の写真 時代の為政者ゆかりの地 岩本院は、鎌倉時代から江戸時代までの間に、源氏による社殿の建築、北条氏や徳川氏の江の島弁財天信仰などにより、勅使、将軍、大名の宿泊所としても栄えました。
明治時代の海側から撮影した写真 旅館として「岩本楼」に改名 明治初年、岩本院は旅館として「岩本楼」と改名しました。その豊かな自然にいだかれた格調高いたたずまいと、古い歴史と伝統美あふれる装いに、いまも数多くのお客様の憩いの宿としてご利用いただいています。
電話番号0466-26-4121 インターネットでの予約はこちら